マリンカリン倶楽部

         

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ぼくらの 24話「物語」

ぼくらの
カコも時間が
欲しかったろうな
そしたら、
あいつだって戦えたさ



ぼくらの


 ワクみたいに
 叫んでみるかな



ぼくらの


   キリエの奴、
   良くあんなに
   動かせたな



ぼくらの
 意外と
 何も考えないのも
 ありだな


 コダマもこんなだった




            俺は見て来たんだ


ぼくらの


        ダイチを


ぼくらの


 モジを



ぼくらの


        ナカマを



    どんな相手にも勝ってみせる!



              -― ̄ ̄ ` ―--  _        
          , ´         ,    ~  ̄、"ー 、 
        _/          / ,r    _   ヽ ノ
       , ´           / /    ●   i"
    ,/   ,|           / / _i⌒ l| i  |
   と,-‐ ´ ̄          / / (⊂ ● j'__   |
  (´__   、       / /    ̄!,__,u●   |   
       ̄ ̄`ヾ_     し       u l| i /ヽ、
          ,_  \           ノ(`'__ノ
        (__  ̄~" __ , --‐一~⊂  ⊃_
           ̄ ̄ ̄      ⊂ ̄    __⊃
                   ⊂_____⊃


感動した!
みんなの事を思い出しながらの最後の戦闘は、ウシロらしい幕引きだったと思いました。

でも、どうせみんなの事を思い出すんだったら、全員にして欲しかったです。
特に能登!全然出てこなかったよ能登!
コモの戦闘は、政治の話に持ってかれて、終始グダグダだったし、せめて最後だけでもちゃんと描いて欲しかったんですけどね~。
一番可愛そうなキャラになってしまいました・・・orz


最終回で疑問に思った事を少し。


その1。
敵が静止した時に、なぜウシロも休んだの?

ぼくらの
しかも寝てるしw
敵に勝利する大チャンスでしたよね!

ぼくらの


 「必ず勝ってこい。
  敵に同情などするな」


って父親からも言われたでしょうに!
この意味不明な行動で、戦闘の緊張感が一気に冷めました。
戦闘シーンは良かっただけに、もったいない描写でしたね。


その2。
ダイチの妹弟キター!と思ったら、
ぼくらの
 「姉ちゃんもそのうち
 どっか行っちゃうんだろ。
 ダイチみたいに
 オレたちを捨てて
 いなくなりゃ良いんだ」


このサンタのやさぐれ具合にヘコんだ。
しかも、この後のフタバの返しが
ぼくらの


 「ダイチ兄ちゃんの事は
 もう忘れるって約束した!」


il||li _| ̄|○ il||li
結局ダイチの、「妹弟達には、自分がいつか帰って来る事を信じて、強く生きて欲しい」という願いが届かなかったのか・・。
あの感動の渦に包まれたダイチの話が、ちょっと台無しになったかな。
って思いました。
双葉たちを登場させたのは間違いだったんじゃないでしょうか。


その3。
これは、視聴者全員が思った事だと思います。

ぼくらの
この人たちはいったい何だったんでしょうか!

この物語の最大の謎に終わりましたよねww
まぁ、個人的には、
この支配者に、
たいして興味はなかったので別に良いですけど。

むりくり話を回収して、また変な方向に行かれるよりはねぇ(-ω-;)
そういう意味では放置した事は正しい選択だったかもしれません。
だったら最初から出すなよ!って感じですけどw



この最終回、今までの話をあまり深く考えずに、素直に素直に見たら、それなりに感動すると思います。
全体を通して、ウシロの描き方については、「途中からキャラが変わり過ぎた」という点を除いては、高評価をあげても良いかなと・・・。

でも結局、すべてが投げっぱなしで、回収される事はありませんでしたね。
まぁ、アニメには良くある事ですが、ここまで大きく広げた風呂敷を、一切畳まなかったアニメは初めて見ましたw
何というか、
「面白くない作品だった」というより「変な作品だった」
と言う方がぴったりかもしれません。

毎週、どうやって期待を裏切ってくれるのか、楽しみで仕方なかったしw
そういう意味では、今期アニメの中で一番、毎週の放送が待ち遠しかった作品でもありました。

そして、この作品を語る上で欠かせないのがOP。
石川智晶さんの起用は本当に良かった。
やっぱり何度見ても、聞いても良い!
私は「らき☆すた」OPよりも遥かに好きでした。


まぁ、人間の感情表現というのは難しいですが、
「人はどんな時に涙を流すか」
「人はどんな時に恐れるのか」
「人はどんなきっかけで決意するのか」
「その人にとって大事なものは何なのか」
監督を初め、これに携わったスタッフは考えて欲しいですね。
全体を通して、キャラクターの行動が、あまりにもリアリティに欠けていました。


色々と批判もありましたが、取りあえず、スタッフの方達は、半年間お疲れ様でした。
そして、半年間このブログにお付き合いしてくれた方、ありがとうございました。

   コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

   トラックバック

http://marinekarine.blog101.fc2.com/tb.php/111-036bfe87

(アニメ感想) ぼくらの 第24話 「物語」

テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.2 最後のパイロットが決まった。ウシロは戦いを決意し、立ち上がる。果たしてセカイの行く末は・・・。

レビュー・評価:ぼくらの/第24話 物語

品質評価 39 / 萌え評価 8 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 38 / お色気評価 4 / 総合評価 17レビュー数 91 件 マチの戦いが終わり、最後のパイロットにはウシロが名乗り出た。自分たち15人が始めた戦いを、自分の手で終わらせるために――。家に戻ったウシ...

ぼくらの #24 「物語」 (最終話)

 最後のパイロットが決まってしまった。  最後の戦いが始まろうとしている。  勝っても負けても、  『ぼくら』 がいた痕跡は消えていく。  ただ、物語だけを残して――。 ♯記事内リンク: →ストーリー →感想  ♯私は原作未読です。 →総評

 | HOME | 

プロフィール


マリンカリン

Author:マリンカリン
好きなアニメ作品は「シムーン」。
私の中では ネ申 認定です。
あと、野球大好き!ヤクルト時代からの野村監督ファン。
楽天イーグルス応援中
mixiやってます

コメントなしTB大歓迎です☆


只今視聴中のアニメ


(★作品は感想書いてます)
月曜
続 夏目友人帳
火曜
VIPER'S CREED
金曜
鉄のラインバレル
土曜
地獄少女 三鼎
マリア様がみてる4thシーズン
日曜
プリキュア5
RIDEBACK-ライドバック-


カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


RSSリンク



ブログ内検索



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。