マリンカリン倶楽部

         

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ぼくらの 15話「自滅」

ヤヴァイです・・・(悪い意味で)

内容も作画もヤヴァイです・・・(悪い意味で)

正直、見るのが辛くなってきました・・・(悪い意味で)


私の中で「ぼくらの」は13話で終わりました。
完結です。
本当にありがとうございました。


ぼくらの

 キリエ「羊羹どう?
     食べろって、母さんが」





 ウシロ「・・そのままか」





 キリエ「あ・・そうだよね。ごめん。
     母さんおかしいなぁ、
     何やってるんだろ・・

     母さーん、包丁・・」




ぼくらの
「か、母さん!!」

ぼくらの
「母さん・・ようかん切らないで
手首切ってどうすんだよ」



ぼくらの


お前ら面白いよww
笑いすぎて腹イタイ(≧∇)ノ彡☆バンバン!!
シリアスなアニメからお笑い物に変わったと思えば見れなくはないなw

でもちょっと、ここのウシロには不満です。
毎回カナちゃんを蹴り飛ばす「ダークなウシロ」が売りなはずなのに、性格が豹変してますよねw
羊羹を差し出すキリエに「こんなのいらねーよハゲ!!」とボッコボコにするくらいの事を期待してたんだけどねぇ~(((-'д-)y-~


そして新キャラ登場。
ぼくらの
たもっちゃん。

ぼくらの
ヤクザとは思えないフレンドリーさに爆笑
だいたいこんなキャラ、この話に必要か?
何度も言うけど、これは子供たちが主役なんだからさー、こんな大人いらないよ。
とか言いながら、この後、たもっちゃんがスゲー覚醒して化けたらどうしようww


そしてそして、今回の戦闘でビックリしたのが
ぼくらの
敵の自滅。
彼らは光が4つ残ってたんで4人残ってるって事ですよね。
という事は結構な数を戦ってきてるって事で、今までの仲間の死を無駄にしてまで自滅を選んだ理由が非常に気になります。というか、
「ぼくらの」より「かれらの」の方が気になるってどういう事よ!


オリジナルに入って、「やっちゃった感」たっぷりの作品になってきてますが、
こうなったら最後まで観ますよ。
というか今回の話で、この先どんな急展開がきても、
何でも受け入れられる気がするな(´・ω・`)
バッチこ~い☆


ぼくらの
 コエムシ「次回の『ぼくらの』は
      総集編だ。

      え~っと~、
      最初に死んだの
      誰だっけ?」


コエムシ近い近いww

という訳で来週は総集編。
局によってはお休みの所もあるようです。
なので、感想もお休みします・・・というか、もうこのまま書かないかもw

   コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

   トラックバック

http://marinekarine.blog101.fc2.com/tb.php/62-8ba06d14

(アニメ感想) ぼくらの 第15話 「自滅」

テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1次のパイロットとして選ばれたキリエ。キリエの様子を気にするウシロは、彼の家を訪ねる。戦いの意志があるかを確認するウシロだが、キリエはあいまいな返事しかしない。その頃、ウシロの自宅にはある人物が訪れていた・・・。

レビュー・評価:ぼくらの/第15話 自滅

品質評価 15 / 萌え評価 11 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 12 / お色気評価 23 / 総合評価 12レビュー数 71 件 田中美純はコモの父・古茂田議員に、政府の作成した「ジアースリポート」を手渡した。そこには、ジアースの技術を用いて新たな産業を興そうとい

 | HOME | 

プロフィール


マリンカリン

Author:マリンカリン
好きなアニメ作品は「シムーン」。
私の中では ネ申 認定です。
あと、野球大好き!ヤクルト時代からの野村監督ファン。
楽天イーグルス応援中
mixiやってます

コメントなしTB大歓迎です☆


只今視聴中のアニメ


(★作品は感想書いてます)
月曜
続 夏目友人帳
火曜
VIPER'S CREED
金曜
鉄のラインバレル
土曜
地獄少女 三鼎
マリア様がみてる4thシーズン
日曜
プリキュア5
RIDEBACK-ライドバック-


カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


RSSリンク



ブログ内検索



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。